先生のblog

2018年05月

5月も終わりに近づき
みなさんいかがおすごしですか?
















そんな私は最近スロットハーデスで
犬のお散歩係です!
おっさんにも見放されて、たまにお姉さん
お姉さんはアポロで充分です・・・笑



















5月も終わりに近づき
気付くと今年も半分が終わりかけ
早いものですね!















最近はアポロネタも特になく
自己満足な旅日記を書いています

「たまにはアポロのことを書け!」

そう怒られそうなので
ネタはないですが、アポロな記事です笑




















正月の時期などにも多いのですが、
最近は大阪以外のお客さんが多い?

















ゴールデンウィークにお仕事の方が
少し遅れてお休みといったところでしょうか?



















相変わらずなのですが、
エレベーター乗る階に行く時は
















「どの階がオススメですか?」

とか、私が行く階を見て

「〇階はいいんですか?」

とか非常に聞かれます



















以前にも書いたのですが
この質問は非常に困ります・・・



















なぜなら、お気に入りがその店にいる私は楽しいですが、
あなたたちが行っても楽しいかの保証はない!笑

















各階見学をして
気に入った子がいれば入店!
もうそれで良いでしょう笑




















私が初めて行った時は
まさに衝撃的でした!

















友人に言われるがままに遊んで
まるでロボットのようでしたね笑
















初めて訪れるのでしたら
あっとゆーまに時間は過ぎることでしょう



















何度か訪れてみて、お気に入りができ
女の子たちに顔を覚えられてからが
やっとアポロビルを本当に楽しめることでしょう



















梅雨も近くなり、ジメッとした毎日です


















今宵も涼みに
アポロビルへ向かうとしましょう・・・















【前回までのあらすじ】
カンボジアで競輪養成学校に入学
ユカリとトレーニングに励む私
放課後、日本にはないエクストラが!?
本編スタート!














前日に激しくトレーニングをした私ですが
その後のケアのおかげで体調はばっちりです!
やはり運動後のケアが大事ですね笑



















アンコールワットの日の出を見ようとしますが、
曇り空なので断念して寝ます
そして昼ごろにランチを食べに向かいます
お相手は・・・・美女!?




























イガグリ
「先生、こんにちわ」
























もうこの方しかいませんよね?
東南アジアの暑い昼間に
むさくるしい男2人でランチです笑



















イガグリ
「そういや先生、プレアヴィヒア行った?」

「何それ?」

イガグリ
「タイとの国境にあるお寺で、凄い景色綺麗だよ」

「そうなの?行ってみたい!」

イガグリ
「またツアーの申し込みあるから見に行こう」

























そういってランチの後に2人でツアーの確認です。
見ると翌日分がちょうど空いていました。





















「おっ?ラッキーだね、空いてる」

イガグリ
「先生、運がいいね」

「早速行くことにしよう」



















そして翌日、朝からツアーの車に乗り込みます。
総勢10名で男7人女3人の組み合わせです。



















片道4時間ぐらいかかるため、
車中で色々お話をします。
おもしろいことに全員日本人!




















と思いきや・・・女の子が1人だけ韓国人でした。
日本語が話せないため、なかなか大変です。

















ただし、男性が1人韓国語を話せました。
そして女の子は英語なら話せたので、私も少しは会話OK。
3か国語が混じったおかしな会話を楽しみました。





















4時間の道のりで辿り着いたプレアヴィヒア
山の上から壮大な景色が見れる場所で最高でした!
キャプチャ

ぜひ機会があれば訪れてみてください。




















そして帰りも4時間かかりますが、
疲れてみなさん爆睡・・・
知らぬ間に出発場所まで戻っていました。





















さて、みなさんそれぞれバラバラです。
ここで別れることになりました。

もちろん韓国語を話せる男性
韓国人の女の子ともお別れです。






















「連絡先を聞いてもいいかな?」

男性
「いいよ」

女性
「いいよ」

「また撮った写真を送るね」

2人
「うん、こっちの写真も送るよ」

「ありがとう」



















そんな感じで話していると・・・




















女性
「そういや2人はアンコールワット行った?」

男性
「うん、もう行って次はタイに移動するよ」

「昨日行って、明日からまた回るところ」

女性
「そうなんだ!先生!」

「ん?どうしたの?」

女性
「明日から一緒に見て回らない?」

「いいよ。1人より2人が楽しいもんね」

女性
「やった!じゃあ、朝に待ち合わせね」

「わかった楽しみにしておくよ、よろしくアン


































日本人の「ユカリ」と別れたかと思えば
韓国人の女の子「アン」と出会う私
さて、この先どうなるのでしょう?















【前回までのあらすじ】
ユカリと遺跡探索するが
何もなく日本へ帰るユカリ!
(あるわけね~だろ笑)
自転車こぎすぎで身体が・・・
ほ、ほんぺんすた~と!













ユカリと遺跡巡りしましたが
まるで競輪選手養成学校へ
入学させられた気分
全身が
フラフラです!



















さて、ユカリと別れた私
身体が疲れているとなると・・・




























マッサージ!






















もうそれしかないでしょう!
























疲れた身体を癒しに
いざ昨日の店へ!!!




















もちろん気になるメニューを
試しに行ったのではありませんよ?笑

身体が疲れてしまっただけです・・・
いつものも疲れているのです!



















そう思いながらマッサージ屋に到着!




















実は昨日雨宿りしている最中
ちょっと気になる子を見つけました!
いるかな?と見てみると・・・




















いたあああ!!!





















そして見る限り昨日の子がいない!
チャンス!!!




















歩いて近づいて行くと・・・















女の子
「おぉ!今日も来たのか!入れ」
みたいな感じです



















そこで気になる子を指名?
驚いている女の子



















さて、お店に入るか
そう思っていると・・・





















横から昨日の子が登場!!!













浮気がばれる時の気持ちはこんな感じか!笑
そう思っていると

























昨日の子
「今日も来たの。でも、その子選ぶんだね」


「い、いや・・・これはその・・・」

うん、ドラマで見た事あるシーンですね笑
































昨日の子
「別に気にしないよ。行っておいで」


「いや、違うんだよこれは・・・」

まさにドラマあるある!!!



























さて、ここまでよくドラマで見かけるシーン
ここからはドラマでも見ないシーン笑























「ちょっと待って。実は今日は違うんだよ」

昨日の子
「ん?どうした?その子とマッサージでしょ?」


「うん、そうだけど、昨日気になるメニュー見つけた」

昨日の子
「気になるメニュー?」


「今日はそれをお願いしようと思ってね」

昨日の子
「ん?どれ??」












































フォーハンドマッサージ
これが気にならない方はいないでしょ!笑




























「これってどんな内容?」
























昨日の子
女の子2人、手4本、倍






















もうね、これしかないでしょ!
ちゃんと前振りしましたが・・・



















身体がいつものも疲れています!!笑



























てことで、フォーハンドマッサージ!




















当然選んだのは・・・
昨日の子と気になる子!

















ふふふ・・・
浮気現場を見つかったドラマ
それでは想像できない展開でしょう
浮気ではなく
まさかの・・・・さんピー(自粛)























マッサージはうつぶせスタート
2人は上半身、下半身に分かれます






















もうね・・・





















最高です!
まさに王様コース!




















うつぶせも終わり
仰向けになります


























2人からの視線を受けるので
何か倍ぐらい恥ずかしい笑

























さて、みなさん期待されますよね?
えぇ、私も期待しました笑






























女の子たち
エクストラどう?エクストラ



























NO」と言えるわけがありません!笑






























王様マッサージのまま
女の子2人、4本の手による
フォーハンドエクストラ
スタート!

























これはもう
素晴らしい!
の一言です



















なんと言っても手が4本!
通常じゃ考えられない動きをします!





















いつもの倍も楽しめました!笑





















次は夢のシックスハンド!?



















そう思いながらも
カンボジアの夜は過ぎて行くのでした・・・

















追記

お気づきの方もおられるかもしれませんが
実は以前記事にしたものになります

よければ過去記事もご覧ください

ワンハンドよりツーハンド、
ツーハンドよりフォーハンド!?

【前回までのあらすじ】
カンボジアでイガグリと出会った私
エクストラとの出会いも運命か!?
さらに上位が待つ中で
この先どうなるのか!?
(遺跡どこ行った?笑)
では、本編スタート!


















前日は到着した疲れを
マッサージ屋さんで癒した私
さらに疲れたというのは
あくまで気のせいです・・・笑

















本日は朝からイガグリとユカリと
日帰りツアーに参加です













忘れた方のために解説

【イガグリ】
日本人宿前でであった日本人
イガグリ頭の黒縁メガネ
買い物に行くのについて行って
仲良くなって一緒に飲み会に参加
本日のツアーも教えてくれた

【ユカリ】
イガグリに誘われた飲み会で出会った
ごく普通の日本人の女の子
めちゃくちゃかわいいわけでもなく、
全然かわいくないわけでもない
明るく楽しい感じの女の子

【先生】
普段はアポロビルを徘徊
時折日本や海外を徘徊
次に来た日本人に声をかける!と
意気込んで、やってきたのはイガグリ!
男をナンパ・・・・・
怖いモノ知らずですが、基本女の子好き



















こんな3人が参加ですが、
他にも何人も日本人が参加しています
イガグリが知っている人も何人かいるようです

















しばらく車で走って現地に到着
中ではバラバラに動いて、時間が来たら集合です














さて、かわいい子と一緒に探索!
かと思いきや・・・
近くを歩いていた男性1人、女性1人と探索












色々うろうろしていると
絵を描いている日本人がいました
















「上手だなぁ」
と後ろから見ていると
ふと目があって驚き!
昨日ゴハンの時に話した「K」でした!



















「K!まさかまた会うとは」

K
「偶然だね」

「綺麗な絵を描くんだね」

K
「旅行先で絵を描くのが好きなんだ」

















せっかくの出会いだったので
連絡先を交換しました

その後Kはよく旅行先の絵を送ってくれますが、
実は画家だったのです!
その話はまたいつかお話したいと思います























さて、一通り探索して街へ戻ることになりました
帰りにみんなで話していると















ユカリ
「私、明日からアンコールワットを周る」

「へ~」

ユカリ
「先生!一緒に行かない?」

「え?一緒に?」

ユカリ
「うん、一緒の方が楽しいよね?」

「う、うん。イガグリは?」

イガグリ
「もうアンコールワット行ったからいいよ」

ユカリ
「じゃあ、決まりね!」

「わ、わかった・・・」


















おっさんと女の子
2人でアンコールワット見学へ
















さて、旅先での出会いは
その後どうなるのでしょうか?














そして翌日・・・
















昨日はユカリとツアーを楽しみ
(イガグリは置いといて・・・笑)
今日はアンコールワット遺跡を周ります

















やっと本日になって当初の目的
遺跡めぐり!に戻ってきましたね笑















朝にイガグリのいる宿前で待ち合わせ
自転車を借りて探索することにしました。
















さて、アンコールワット遺跡ですが、
実は有名なメインの遺跡だけでなく
その周辺の遺跡群を含めて世界遺産です















東西22キロ、南北35キロの平野の中に
26以上の遺跡があるのです!
もちろん全部は周れない・・・

















ユカリとは、メインの遺跡を周ることに!
女の子と2人で海外で自転車デート!
心が踊ります!

















そして待ち合わせ時間になって
2人で自転車で楽しく遺跡めぐり!
のはずが・・・






















ユカリがとんでもなく
パワフル!!!
そもそも自転車こぐのが速い!!!
その速度を表現してみましょう














【遅い】
おばちゃんが乗っている
今にも倒れそうな自転車の速度

【普通】
遅いおばちゃんなどは抜かし、
危なくない程度の速さ

【速い】
普通で走る自転車を抜いて行く
運動部系の学生などの速さ

【最高速】
遅刻しそうな学生や会社員が
必死になってこぐ速さ



















ユカリはなぜか
「最高速」
ぐらいの速さで
自転車をこいでいくのです!














「ユ、ユカリ、ちょっと早くない?ハァハァ」

ユカリ
「そうかな?私は田舎育ちで自転車通学だったからかな?」

「な、なるほど・・・ゼェゼェ・・・」

おっさんの夢のような展開などありません
ついていくのに必死!笑












ユカリ
「この遺跡は見たし・・次こっちだね」

「お、おっけー・・・・」
















朝の7時ぐらいにスタートして
ひたすら自転車で回って既に夕方

ユカリ
「よし、最後にここで夕日を見よう!」

「ん?なんか雲行き怪しくない?」

ユカリ
「むむむ、これやばいね。諦めて戻ろう!」

















真っ黒な雲が凄い速度で移動してきます!
ここから宿まで自転車で20分はかかります
間に合うか!?
















ユカリ
「雨が来る前に帰るよ!急げ!」



そしてユカリさんが本気を出す!
もう最高速を超えて、
競輪選手
みたいです




ユカリ
「先生!もっと速く!降り出してきたよ!」

先生
「わ、わかった」

















15分ぐらいで宿に到着すると同時に
雨が降ってきたのでした

ユカリ
「ギリギリセーフだったね」

「よかった。今日はありがとう」

ユカリ
「こちらこそありがとう」













なんとか無事に戻れた私たち
するとユカリが・・・














ユカリ
「先生、私は明日には日本に帰るの・・」

先生
「え?そうなの?」


















そして寂しそうにするユカリと
一緒に私のホテルへ行くことに・・・























まさかカンボジアで
こんな夢のような展開になるとは・・・





























もちろん
なるわけないですよね!笑





















何かあるかと思いきや!
何も起きずに翌日に日本へ帰るユカリ





















おっさんの夢幻の如く・・・
カンボジア生活は続くのでした













【前回までのあらすじ】
カンボジアで出会ったイガグリ
そこからつながる人の輪
ついに女の子も登場!
これからどうなる!?
それでは本編スタート!













イガグリ、ユカリ、私の3人でツアー予約
終わったので明日に備えて寝ることにしました。





それぞれが別の宿なので分かれて帰ることに

イガグリ&ユカリ&私
「おやすみ~また明日」












カンボジアの大通りは基本的に安全
一応世界でも有数の観光スポットですもんね















そして真っ直ぐにホテルへと帰る私・・・
なわけありませんよね?笑













先程参加した飲み会で気になる情報をキャッチです。














男性
「前に疲れて隣にあるマッサージに行ったんだよ」

「ふむふむ、私もよくマッサージ行きますよ」

男性
「で、マッサージしてもらってウトウトしてる・・・
『お兄さんエクストラマッサージどう?』って」

「え、えくすとら!?」

男性
「そう、エクストラ
『エクストラマッサージ2千円』」

「おぉ!そ、それでそれで?」

男性
「『疲れてるからいらないよ』って断った」

男性陣
「あああああああああ」
一斉に残念がる男性陣
ちょっと引いてる女性陣
















そんなやりとりがあったんですが、
私も昨日到着したばかりなので・・・・

「あぁ、疲れた。長旅で腰が痛いなぁ~」

そうなんですよね、年なので腰がね。














「初めてだからマッサージどこにあるのかな?
さっきマッサージがあるって言ってたなぁ」















そんな誰に言っているのかわからない
言い訳を呟きながらサッサと移動

そして噂に聞いたマッサージ屋に
到着するのでした!













おそるおそるお店に入ると
女の子
「いらっしゃいませ」













って言ってると思うのですが
カンボジア語?で話してくるので
全くわかりません。














メニューを出して来て
時間と値段が書いてあるので
何となくチョイス
1人の良さげな女の子を連れて
2階へ移動するのでした。
















裸でタオル1枚巻いて寝ころぶと

女の子
「どこが痛い?」
みたいに言ってくるので

「腰かな?」
と答えます。















間違っても
エクストラで!」
などは恥ずかしくて言えません笑














気持ちよくマッサージを受けていると
女の子
「あおむけになって」
ときました。













さて、チャイナでもそうですが、
ここからが勝負の時です!
















うとうとしているフリをしながら
心臓は「ドキドキ」です!

















そろそろ来るのかな?
それとも来ない?
こちらから行くべきか?













頭の中はフル回転です。



















女の子
エクストラ

















「え?」




















そしてその時は
ふいに来たのでした。

















あまりにも急に来たので
おっさんが恥ずかしくも
うろたえてしまいました。












女の子
エクストラ








そういいながら女の子が
片手をグーの手にしながら
上下運動させる動きを見せます。













もうね
万国共通でわかるジェスチャー!
それなのにですよ?












「なにそれ?う~ん。
よくわからないけど・・・」
























エクストラで」



















今更ながら知らないフリをして

「なんだ
エクストラって?
とりあえず試してみるか」


的な雰囲気をだすおっさん!










人間はそんなところで
見栄を張りたいんですよ。









俺は知らない

知らずにやってとお願いしたら

何と!?



みたいな笑











そして女の子に
エクストラ分2千円を渡すと


女の子
ふふふ・・・

悪そうな顔して色々と
遊んできます。





















エクストラタイム!!!














なんかスロットみたいですね笑

















一通りお遊びしまして
時間になったので帰ることに。









「あぁ、楽しかった。また来るね」

女の子
「ありがとう」

そう言って下に降りると
外は大雨です!










「か、かえれない・・・」

女の子
「ちょっと時間潰せばいいよ」









そういって、女の子が4,5人ぐらい
座っている1階で待機です








言葉はわからない
だけど、みんなおもしろがって
何かを話してきます










見てみると、かわいい子もいます。


「あぁ、あの子が良かった」
と思いつつも女の子に気づかれないように
チラ見しかできません。










女の子
「もう1回マッサージ行くか?」
とメニューを出してくるので


「いやいや、また明日ね」
と断る私


そしてメニューを眺めていると・・


「なんだこれ・・・?」
驚きのメニューを発見!










そうこうするうちに雨もあがり
今のうちに帰ることにしました。



















明日はあのメニューにしようと
決意して帰るのでした。
(明日も来るんかい!笑)






このページのトップヘ