先生のblog

本格的に梅雨入りしましたが
みなさんいかがお過ごしですか?















そんな私はアポロな毎日です




















ってそれしか言うことがないのか!
と叱られそうな・・・・




















さて、旅日記もとりあえず置いといてと・・・笑
本格的な梅雨入りです


















なぜか今年は梅雨が早くて雨が多い!
そう感じるのは私だけでしょうか?


















そしてそんな中で行ってきました!
地下スプラッシュイベント!
おかげで今週は寝不足です・・・笑



















なんだそれ?という方のために
少し解説をしたいと思います

















【スプラッシュイベント情報】
※大きいイベントについてだけ記載しています
店舗:iスプラッシュ
場所:アポロビルB1階
日付:①06月1週目の月~木
   ②12月1週目の月~木
金額:当日15,000円 前売は日程で値段変動
前売:前売発売時期は
   ①3月1日~
   ②9月1日~
   前売券は値段が安く、事前に席が予約できます
   さらにノベルティ付!(Tシャツ、タオルなど)
   ぜひお得な前売購入をおすすめします
内容:新しいショータイムで構成されたイベント!
   ショータイム時刻は
   アーリーショー:19:30
   1STショー :20:00
   2NDショー :22:00
   3RDショー :24:00
   最近は1度このへんでフィナーレ
   LASTショー:26:30
   イメージとしてはこんな感じかと思います
   訂正箇所がありましたら、ご指摘お願いいたします



















こんな感じでイベント情報を書くと、
まるでお店の回し者みたいですね笑













そして勢いで色々書いてしまいましたが、
あまり知らない階についてバレバレになりますね・・・















まぁ他の階については、知らないフリしておきましょう笑




















さて、話は戻りまして地下スプラッシュイベント!
常連の方々に混じりまして、ひっそりと参加してきました

















感想は・・・





















良く言っても、悪く言っても
何かしら揉めますので控えまして・・・
























楽しんできました!



















これで丸く収めたいと思います笑


















まぁ行かれた方はわかると思いますし、
行かれていない方はご自身で体験しましょう!
























なんだかんだ地下では毎月のように
イベントを実施されています
気になる方はまずはそこから参加されれば良いでしょう






















次のイベントはいつですか?






















知りません!笑





















アポロビル全体でイベントが増え過ぎまして
把握できなくなっております!














決してあまり行かない階のイベント知らないとか
そんな大人の事情ではありません



















そんなわけで
皆様からの善意のイベント情報
お待ちしております!笑

















今宵もアポロビルで
楽しく遊びましょう

















5月も終わりに近づき
みなさんいかがおすごしですか?
















そんな私は最近スロットハーデスで
犬のお散歩係です!
おっさんにも見放されて、たまにお姉さん
お姉さんはアポロで充分です・・・笑



















5月も終わりに近づき
気付くと今年も半分が終わりかけ
早いものですね!















最近はアポロネタも特になく
自己満足な旅日記を書いています

「たまにはアポロのことを書け!」

そう怒られそうなので
ネタはないですが、アポロな記事です笑




















正月の時期などにも多いのですが、
最近は大阪以外のお客さんが多い?

















ゴールデンウィークにお仕事の方が
少し遅れてお休みといったところでしょうか?



















相変わらずなのですが、
エレベーター乗る階に行く時は
















「どの階がオススメですか?」

とか、私が行く階を見て

「〇階はいいんですか?」

とか非常に聞かれます



















以前にも書いたのですが
この質問は非常に困ります・・・



















なぜなら、お気に入りがその店にいる私は楽しいですが、
あなたたちが行っても楽しいかの保証はない!笑

















各階見学をして
気に入った子がいれば入店!
もうそれで良いでしょう笑




















私が初めて行った時は
まさに衝撃的でした!

















友人に言われるがままに遊んで
まるでロボットのようでしたね笑
















初めて訪れるのでしたら
あっとゆーまに時間は過ぎることでしょう



















何度か訪れてみて、お気に入りができ
女の子たちに顔を覚えられてからが
やっとアポロビルを本当に楽しめることでしょう



















梅雨も近くなり、ジメッとした毎日です


















今宵も涼みに
アポロビルへ向かうとしましょう・・・















【前回までのあらすじ】
カンボジアで競輪養成学校に入学
ユカリとトレーニングに励む私
放課後、日本にはないエクストラが!?
本編スタート!














前日に激しくトレーニングをした私ですが
その後のケアのおかげで体調はばっちりです!
やはり運動後のケアが大事ですね笑



















アンコールワットの日の出を見ようとしますが、
曇り空なので断念して寝ます
そして昼ごろにランチを食べに向かいます
お相手は・・・・美女!?




























イガグリ
「先生、こんにちわ」
























もうこの方しかいませんよね?
東南アジアの暑い昼間に
むさくるしい男2人でランチです笑



















イガグリ
「そういや先生、プレアヴィヒア行った?」

「何それ?」

イガグリ
「タイとの国境にあるお寺で、凄い景色綺麗だよ」

「そうなの?行ってみたい!」

イガグリ
「またツアーの申し込みあるから見に行こう」

























そういってランチの後に2人でツアーの確認です。
見ると翌日分がちょうど空いていました。





















「おっ?ラッキーだね、空いてる」

イガグリ
「先生、運がいいね」

「早速行くことにしよう」



















そして翌日、朝からツアーの車に乗り込みます。
総勢10名で男7人女3人の組み合わせです。



















片道4時間ぐらいかかるため、
車中で色々お話をします。
おもしろいことに全員日本人!




















と思いきや・・・女の子が1人だけ韓国人でした。
日本語が話せないため、なかなか大変です。

















ただし、男性が1人韓国語を話せました。
そして女の子は英語なら話せたので、私も少しは会話OK。
3か国語が混じったおかしな会話を楽しみました。





















4時間の道のりで辿り着いたプレアヴィヒア
山の上から壮大な景色が見れる場所で最高でした!
キャプチャ

ぜひ機会があれば訪れてみてください。




















そして帰りも4時間かかりますが、
疲れてみなさん爆睡・・・
知らぬ間に出発場所まで戻っていました。





















さて、みなさんそれぞれバラバラです。
ここで別れることになりました。

もちろん韓国語を話せる男性
韓国人の女の子ともお別れです。






















「連絡先を聞いてもいいかな?」

男性
「いいよ」

女性
「いいよ」

「また撮った写真を送るね」

2人
「うん、こっちの写真も送るよ」

「ありがとう」



















そんな感じで話していると・・・




















女性
「そういや2人はアンコールワット行った?」

男性
「うん、もう行って次はタイに移動するよ」

「昨日行って、明日からまた回るところ」

女性
「そうなんだ!先生!」

「ん?どうしたの?」

女性
「明日から一緒に見て回らない?」

「いいよ。1人より2人が楽しいもんね」

女性
「やった!じゃあ、朝に待ち合わせね」

「わかった楽しみにしておくよ、よろしくアン


































日本人の「ユカリ」と別れたかと思えば
韓国人の女の子「アン」と出会う私
さて、この先どうなるのでしょう?















このページのトップヘ